鹿児島県の最南端の島

最高の観光にするために

ベッド

与論島は奄美群島の一つであり、鹿児島県の最南端に位置する海に囲まれた小さな島です。
与論島はサンゴ礁に囲まれた温暖な気候の美しい島で、観光地としても知られています。
沖縄本島からも近い距離にあります。
観光地ということもあって、与論島にはホテルや民宿など、宿泊する施設がたくさんあります。
観光する際には、どのような宿泊施設を選ぶかも大切になります。
与論島への観光を考える場合、まずどのような交通手段で与論島に行くのかを決める必要があります。
一般的には、沖縄から与論島に向かう場合と、鹿児島から与論島に向かう場合の二つの方法があります。
それぞれに飛行機と船の便がありますので、どちらかを選択することになります。
各交通手段について、どれくらいの運賃がかかるのかを確認しておきましょう。
また、与論島に到着するまでにかかる時間、交通機関の発着時刻についても把握した上で、自分自身にとって最適なものを選択していくことが必要になります。
交通手段が決まれば、後はホテルや民宿などの宿泊施設を決めていくことになります。
インターネットを使って宿泊施設について調べてみれば、簡単に宿泊施設について比較検討することができます。
ホテルや民宿の候補がたくさん見つかりますので、ホテルの特徴や民宿の特徴などを比較しておけばよいでしょう。
その中から、内容や宿泊費について、自分自身の希望にかなう最適のものを選んでいきましょう。
トラベルサイトやランキングサイトなど、たくさんのサイトがありますので、適切なものを選んで参考にしていきましょう。

宿泊施設について

手

美しい海と景観で人気の与論島は、多くの観光客が訪れる場所です。
与論島は、奄美群島の一つであり、鹿児島県の最南端にある島です。
与論島は、沖縄から位置的に近い距離にあり、薩摩と琉球のそれぞれの文化を融合した独特の文化があります。
島全体がサンゴ礁に囲まれており、ダイビングポイントも豊富で、ダイビングを目的にした観光客もいます。
また、美しいビーチが数多くあり、観光スポットが充実しています。
歴史を楽しめるスポットもあります。
与論島は宿泊施設も豊富で、ホテルや民宿が多数あります。
その中から、予算や希望に合った宿泊施設を探す必要があります。
全体にかかる費用は、交通機関にかかる費用もありますので、それも含めて見積もりを立てる必要があります。
ホテルにするか民宿にするかは、それぞれに希望によって違ってきます。
ホテルの場合は、個人のプライバシーがしっかり守られているのが特徴です。
一方、民宿の場合は、ホテルに比べて小規模になりますので、アットホームな雰囲気を味わうことができます。
また、民宿は数も多いので、それぞれの民宿において独自の特徴もあります。
各ホテルや民宿のサービス内容については、それぞれのホームページで確認するとよいでしょう。
またインターネットのサイトでは、それぞれの宿泊施設に泊まった人の感想も載っています。
予算が比較できるサイトもありますので、それらを参考にしながら、最適な宿泊施設を選んでいきましょう。

百合ヶ浜はツアーがお勧め

婦人

与論島は鹿児島県の最南端に位置するサンゴ礁で囲まれた周囲20キロメートルの小さな島です。
車を借りなくても自転車があれば一日かけて島を巡れる規模です。
しかし、この島は遠浅の海なので、遠方沖まで果てしなく海水が綺麗に澄んでおり、与論島特有の真っ白な砂浜がとてもマッチしています。
なので、見晴らしの良い観光名所です。
その観光名所の与論島において一番の名所は日本が誇る絶景の地、百合ヶ浜です。
百合ヶ浜は春から夏にかけての大潮の前後に与論島南部の大金久海岸の沖合に現れる幻の浜です。
その景観はテレビや雑誌でも取り上げられており、大変素晴らしいものです。
与論島はこの百合ヶ浜を一番の目当てにして毎年数多くの観光客が訪れていますが、訪れるのであればツアーを組んでお越しいただくのが良いと思います。
自由気ままなフリープランでも楽しめますが、百合ヶ浜はツアー船を使わないと行くことができないからです。
それにツアーを組むことでホテル代を含めた旅費が格安のプランがありますからツアーを利用しない手はありません。
与論島のホテルや旅館はビーチに面した場所に設置しているところが多く、どのホテルや旅館もオーシャンビューとなっており、中にはプライベートビーチを構えているホテルもあります。
勿論、百合ヶ浜ビーチへの無料送迎も組み入れています。
与論島ツアーの殆どは百合ヶ浜へ訪れるプランとなっていますので、是非一度日本が誇る絶景の地へ観光で訪れてみてください。