印刷

良質なサービスへの依頼

チラシデザインの作成と印刷は一カ所に依頼できます。インターネットを活用して長く付き合える業者選びに取り組むと良いでしょう。見積もりに納得して契約後にスタートとなります。ターゲットや目的を明確にしておくことがポイントです。校了直前でも修正が可能で、入金後に印刷と納品が行われます。

色見本

プリントは紙も重要

印刷次第でチラシの印象もずいぶん変わります。たとえば写真が多い物はフルカラーを使えば再現率が高い物ができますし、単色や多色刷りでもデザインや用紙しだいでかなりセンスのいい物が仕上がります。また紙の厚さしだいでは両面印刷も可能です。こちらは印刷代を節約しつつ情報が二倍載せられるのでそれだけお得です。

レディ

品質の良さ

神奈川県は印刷業者が多く、特にオフセット印刷に力を入れており美しいクオリティで短納期に向いているというメリットがあります。刷版に付いたインクを転写ローラーに移し転写する方法で用紙に直接触れないため美しい商品ができます。

チラシを印刷する方法

印刷機

業者に依頼する場合の流れ

法人や個人でチラシ印刷を業者に依頼する場合には一連の流れがあります。まずはデザインを作成しましょう。業者へチラシ印刷を依頼する時には基本としてはデータ入稿になります。手書きで作成した場合でもデジタル化にして依頼することになるでしょう。業者によってデザインのファイル形式が決められているので最初にチェックしてからデザインを作成してください。デザインができないという方は外注しても良いでしょう。デザイナーに依頼するとコストが高くなってしまいますが、プロが作成してくれるわけですから仕上がりには期待できます。デザインが完了したらチラシ印刷の依頼をしましょう。枚数や大きさ、片面か両面か、単色かフルカラーなのかによって料金が変わってきますし、業者によっても少数枚数がお得な場合や大量枚数がお得な場合など様々です。吟味してから業者を決めてください。業者が決まったらデータを入稿して発注します。また、カラー形式にも注意しましょう。形式によっては画面で見ている色より実際に印刷した色のほうがくすんで見える場合があります。印刷する前提でカラー形式を変えたり、ソフトが対応していない場合は印刷する前提でカラーを調整してください。業者によっては仕上がり具合をあらかじめデータとして送ってくれることもあります。チラシ印刷をする時には業者に依頼したほうがコスト削減になるのですが、すぐに数枚必要というときは自分で印刷しても良いでしょう。